物忘れ対策にアラキドン酸

「今何をやろうとしていたんだっけ?」「ここまで出かかっているのに思い出せない……」
最近、こんな物忘れや、ちょっとしたうっかりが増えてきていないでしょうか。

DHA、EPAと並んで、脳に重要な働きを持つといわれているアラキドン酸は、物忘れやうっかりが増えてきた中高年の強い味方です。

ただし、アラキドン酸の過剰摂取は、高血圧や動脈硬化など健康への影響が懸念されるという意見もありますので、摂りすぎには注意が必要です。DHAやEPAと共にバランス良く摂取していきましょう。

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン


アラキドン酸 サプリメントの新着情報

アラキドン酸のメニュー

アラキドン酸(ARA)は、卵、肉類、魚介類などに多く含まれますが、毎日の食生活でどのようなメニューを食べていけばいいか考えてみましょう。

魚だけでなく、肉も食べよう

日本食といえば魚というくらい、魚は日本人にとってとても馴染み深い食べ物であるといえます。焼き魚、煮魚、干物など、その調理方法も様々で、いろいろな味を楽しむことができます。

魚には脳の働きに良いとされるDHAが多く含まれているので、脂っこい肉類よりも魚類を多く食べるようになったという人は少なくありません。ただ、魚ばかりで肉は全く食べないという傾向は、あまり良くないということがわかってきています。

柔らかい脳を作ろう

人間歳を取ると、頭が硬くなるといいます。

子供は、柔軟な発想で大人が考えつかないようなことを行ったり、盲点をついたことをしてみたり、時には驚かされるような視点で物事を捉えたりもします。

フィード