飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

一般的に、脂肪というと太る要因であったり、メタボリックの原因であったりと、できるだけ摂らないことを考えてしまう栄養素ですが、脂肪でも必須脂肪酸については、人体に欠かせないものです。

脂肪

脂肪は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに分類することができ、このうちの飽和脂肪酸は、太る原因であったり、メタボリックの原因であったりという、いわゆる一般的にいう脂肪です。ダイエットをしている人や中高年の人にとっては、憎き存在といえるでしょう。

この飽和脂肪酸は、常温で固まりやすいため、コレステロールや中性脂肪の増加につながったり、動脈硬化の原因にもなったりします。体内でも合成されるため、摂りすぎには十分な注意が必要です。

一方の不飽和脂肪酸ですが、これをさらに細かく分けると、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分類できます。一価不飽和脂肪酸は体内で合成され、オリーブオイルやアーモンドオイル、ピーナッツオイルなどに含まれるオレイン酸が代表的です。

多価不飽和脂肪酸は、体内で合成することができないため、必須脂肪酸とも呼ばれます。

アラキドン酸もここに分類され、他には、リノール酸、DHA、EHAなどがあります。

DHAが脳にいいことはよく知られていますが、合わせてアラキドン酸を摂るとより高い効果が期待できるといわれています。

フィード