物忘れと脳について:カテゴリー

柔らかい脳を作ろう

人間歳を取ると、頭が硬くなるといいます。

子供は、柔軟な発想で大人が考えつかないようなことを行ったり、盲点をついたことをしてみたり、時には驚かされるような視点で物事を捉えたりもします。


脳とシナプスとアラキドン酸

人間の器官で欠かすことのできない脳。

脳は、手と手をつなぐようにして神経細胞(ニューロン)を張り巡らせ、情報伝達を行っています。

この神経細胞と神経細胞の間にはつなぎ目のような部分があり、これをシナプスと呼んでいます。


物忘れにアラキドン酸

年齢を経ると気になってくるのが物忘れ。

「ベストセラーの本の名前が思い出せない」「お世話になっている人の名前が出てこない」「どこに物を置いたか忘れてしまう」など症状は様々ですが、物忘れ対策に、必須脂肪酸のアラキドン酸(ARA)への注目が高まっています。


物忘れのメカニズム

物忘れは、記憶していたことを完全に忘れてしまったわけではなく、「思い出せそうで出てこない」「今やろうとしていたことを忘れてしまった」といった、一時的な健忘症になります。



Page: 1
フィード